FXでのリスクオン,リスクオフ相場とは【円,スイスフラン,株式】

FX初心者に向けて

FX(外国為替証拠金取引)を行っていると、「リスクオフ」や「リスクオン」という相場をよく耳にすると思います。

投資初心者にとって、リスクオフとリスクオンという言葉が相場にどういった影響を与えるのか?トレードにどう活用したらよいのか、分かりづらいと思います。

この記事では、簡単にリスクオフとリスクオフについて解説していきます。

リスクオフ・リスクオン相場というのを理解するだけで、トレードで安定した利益を出すことができる可能性が高まります。

リスクオン・リスクオフとは

リスクオン概要

為替相場や株式市場では、「リスク」に敏感となります。このリスクというのは、投資家が今積極的に投資をしたいのかという状況のことを言います。つまり簡単に言うと、「景気が良く、リスクを冒してでも投資したい状況」ということになります。

そして、経済の成長や企業の業績拡大が高まったり、地政学的リスクを回避したときに、投資家が積極的に投資をする為、「」や「新興国通貨」「高金利通貨」が買われます。

リスクオンで買われる通貨として代表的なものは、

リスクオンで買われる通貨 ・ユーロ
・ポンド
・オーストラリアドル
・ニュージーランドドル
・カナダドル
上記の通貨がリスクオンで買われやすい通貨となっております。

リスクオフ概要

リスクオフとは単純にリスクオンの反対です。

「リスクオフ」とは具体的に述べると、世界的金融の不安、政治的なものや軍事的なもので戦争や紛争などの緊張が高まったり、世界経済の見通しが不透明な状態であったりするとリスクオフ相場となります。

代表例として、「地政学的リスク」が高まった時などに投資家によって「株」や「新興国通貨」「高金利通貨」、または商品先物である「原油」などが売られます。

対して、「」「スイスフラン」「米ドル」「国債」「」などの比較的に安全な資産が買われ、投資家の資金が移動することになります。

リスクオフで買われる通貨や先物、債権 ・円
・スイスフラン
・米ドル
・原油
・国債

トレードでの実践例

リスクオン相場の具体例

トランプ大統領当選

2016年11月にトランプ氏が大統領選挙に当選したときです。いわゆる「トランプ相場」と言われていますが、トランプ氏が大統領に当選したことで、「ドル円」は100円台前半だったレートが、12月には118円まで上昇ました。トランプ大統領が当選すると「円高」になると予想されていまいたが、政策などに好感を持たれて、リスクオン相場になったと言われています。

「トランプ相場」では急激にドル高円安となりました。同時にトランプ大統領が当選してからは、株も上昇を続けています。

リスクオフ回避

リスクオン相場とは反対のリスクオフの懸念が後退しているときは、リスクオンになっていると言えます。

具体例として、2019年の円末から2020年1月上旬にかけて急激に高まった、米国とイランの戦争への懸念があります。この事例自体は完全にリスクオフ相場となり、ドル円は急落しました。戦争への緊張が高まるニュースが連日報道されることにより、「円」が買われ、ドル円は急落しました。

しかし、トランプ大統領による戦争回避の発言などにより、リスクオン相場となりドル円は急上昇しました。

このように、一時的なリスクオフ相場というのは、リスクオンになるとリスクオフで動いた分をすべて戻すような動きになるのが特徴です。

リスクオフ相場の具体例

地政学的リスク、金融危機、政治不安

「地政学的なリスク」や「金融危機」、「国内の政治不安」などがリスクオフの要因となります。

つまり経済成長を妨げる可能性のある出来事はすべてリスクオフ相場の要因です。

ちなみに最近では、リスクオフ相場で「ビットコインBitcoin」も買われています。

具体例としまして、2020年1月に中国武漢市発祥の新型コロナウイルスの感染拡大による、経済成長の後退の懸念で、典型的なリスクオフ相場となっております。

VIX指数をつかったトレード

VIX指数とは、Volatility Index(ボラティリティ・インデックス)の略称となります。

相場の加速度を測る「恐怖指数」とも言われています。

VIX指数は、米国株式市場で代表的なS&P500の先物相場の値動きを基に算出し、計算される指数となります。

・VIXが20を超えているとリスクオフ
・VIXが20以下ならリスクオン
VIX指数を使うときは、20を基準にして考えると良いですが、これだけで上か下かを判断してトレードすることは良くないです。

しかし、先ほどの「地政学的リスク」などの報道が多くなり緊張が高まっているときに、VIX指数も20以上に高まっているときは、リスクオフへのボラティリティーが高まることが予想できます。

そういう場合は、リスクオフの方向へトレンドフォローするだけで簡単に利益を出すことができると言えるでしょう。

通貨ペアごとの特徴

ドル円

円買いの理由

有事には円を買え」と言われるほど、リスクオフ相場で円は買われる傾向にあります。

ところが、なぜ円が買われるのか?ということについて、円が安全資産として買われる理由まで分からない人は多いのではないでしょうか。

円が買われる理由 ・世界最大の対外債権国
・投資家、ヘッジファンドではリスクオフでは「円買い」のイメージが強い

まずは「世界最大の対外債権国」ということです。

これは、「日本は世界で一番外貨建ての資産を保有している国」と言い換えることができます。国内では借金もしまくっているわけですが、外国にお金を貸しているとも言えるわけなので、世界一対外純資産を持っていると言えます。

その為、「安全資産としての円」というポジションを確立しているのです。

次に、「投資家、ヘッジファンドではリスクオフでは「円買い」のイメージが強い」ということについて解説します。

最近メインとなっているヘッジファンド等で「AIのアルゴリズム」を用いた自動売買では、リスクオフを連想するキーワードに反応して「円買い」をするような仕組みになっているのです。

つまり、大口の投資家がそれを行うことで、トレンドが発生し個人投資家もそれに乗りますので、「円買いが加速していく理由となります。

ドル円下落(ドル安円高)の理由

昔は「有事のドル(米ドル)買い」と言われており、現在も米ドルは「安全資産」として認識されています。

しかし、実際リスクオフの際にはドル円は下落する傾向にあると言えます。

米ドルも円も安全資産として買われたなら、なぜドル円は下落するんだ?」と思いませんか?

その理由としては、「キャリートレードの巻き戻し」が起こるからと言えます。

平時ではリスクオンだとすると、金利の低い通貨で資金調達をして、それを外貨に換えて利回りの高い株式などを購入します。これをキャリートレードと呼びます。

つまり、景気の良いときは金利の低い円で資金調達、金利の高い米ドルに換えて、株式購入する訳です。

しかし、景気が悪いとき(リスクオフ)などは、これと逆のことが起こります。

投資家は、リスクを抑える為に利回りの高い証券や株式を売却し、お金を返済しないといけない為、米ドルから円へ両替(FX)されます

その為、米ドル売り・円買いが起こり、「ドル円の下落」が起こるという訳です。

つまり、ドル円の下落は「円」が安全資産だから買われているだけではないということになります。

スイスフラン

スイスも日本と同じように対外債権が多い国となっています。

その為、「円」と同じように「安全資産」として知られています。

また、スイスの金利も日本と同様のマイナス金利の為、資金調達通貨となり、リスクオフでは「キャリートレードの巻き戻し」も起こることが予想できます

ドルスイスフラン

先ほどの話から解説しますと、リスクオフで「ドルスイスフラン」は「ドル円」とまったく同じ理由で下落することが予想されます。

つまり、リスクオフ相場ではドルスイスフランとドル円は強い相関関係になりやすいということが言えます。

ユーロスイスフラン

ユーロスイスフランはドルスイスフランと同じとは言えません。

なぜなら欧州の主要通貨であるユーロも金利は低い為です。資金調達通貨として考えられるユーロは、キャリートレードの巻き戻しから言えば、リスクオフでユーロも買われる可能性があります。

しかしユーロは安全資産とみなされていないので、有事に買われるというイメージはない為、ユーロスイスフランはどちらかというと下落する傾向にあると言えます。

つまり、リスクオフ相場では下落しやすいと言えますが、ドルスイスフランほどではないのでは?と思われます。

スイスフランショックが起きたときの下落で「ドルスイスフラン」よりも「ユーロスイスフラン」の下落幅が大きくなった理由は、リスクの発生源が「ギリシャ」であり、ユーロ安も呼び込んだことが「ユーロスイスフランの下落幅が大きかった」理由となります。

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

こちらはトレイダーズ証券のLIGHT FXです。

多くの通貨ペアのスワップが業界最高水準です。

特に下の3つの通貨ペアですね。

\                                /
口座を解説するならこちらをクリック

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました