【これで大丈夫】海外FX口座の確定申告の方法と税金まとめ

FX初心者に向けて

FXで所得を得たら税金を納めないといけません。

それは海外FXにおいても同様ですが、国内FXとは少し税金のかかり方が変わってきます。

海外FXはレバレッジが大きくかけられる為に、少額でお金を増やせる可能性があるので、とても人気が出てきています。

この記事は海外FXを始める前に、知っておいた方が良い確定申告の方法と税金について、解説していきたいと思います。

海外FX口座の確定申告と税金

確定申告とは

確定申告とは、所得にかかる「所得税」や「復興特別所得税」の額を計算して税金を払うための手続きです。

税務署に対して「私は所得がこれくらいあるので、所得に応じた税金(所得税)を払います」と申し出る必要があります。

そして確定申告は、1月1日〜12月31日の分を翌年の2月16日〜3月15日までに申告しなければなりません。

FXにおける課税対象者

FXに限らず課税対象者というのは以下の2点に分けられます。

1.会社員で給与所得があり、FXにおける所得が20万円以上ある方
2.給与所得がない方(専業主婦、個人事業主、学生)で、FXにおける所得が年間38万円を超える方

損益通算は可能か?

FXにおける損益と、他の方法で得た所得を合算することを「損益通算」といいます。

FXで利益が出ていれば良いですが、損した場合は他の収入と合算することができれば、税金の支払い額を抑えることができます。

しかし、「雑所得」の「総合課税」して申告しなければいけない海外FXは「給与所得」と、所得の区分が異なる為、「損益通算」することができません。(雑所得に関しては下で詳しく話します)

また、国内FXも「分離課税」なので海外FXと「損益通算」することはできません。

しかし、FX取引以外で「雑所得」がある方なら、「損益通算」することは可能です。

海外FXの税率

海外FXの確定申告の方法ですが、海外FXで得た収入は雑所得である「雑」という項目にて申告を行います。

そしてこの「雑」の区分で申告したものに関しては「総合課税」という税率が適用になります。

海外FXは「総合課税」+「累進課税」となっています。

したがって、以下のように利益が増えると「所得税」も増えます。

・課税される所得金額…税率…控除額
・〜195万円…5%…0円
・195万円〜330万円..10%…97,500円
・330万円〜695万円…20%…427,500円
・695万円〜900万円…23%…636,000円
・900万円〜1800万円…33%…1,536,000円
・1800万円〜4000万円…40%…2,796,000円
・4000万円〜…45%…4,796,000円
つまり、海外FXでかかる税金は稼げば稼ぐほど高くなるということなんです。笑

しかし、対策はあります。

海外FXにおける節税対策

FXにかかる必要経費

FXでは利益に対して、必要経費経費を引くことができます。つまり経費を計上することで、節税効果があります。経費と計上できるものは以下に上げていきます。

・通信費…インターネットプロバイダー料など

・セミナー受講費…FX取引に関わるセミナー

・交通費、宿泊費…セミナー会場までの交通費と宿泊費など

・新聞、書籍代…FX取引に関わる新聞、書籍

・手数料…銀行振込時にかかる手数料など

・FXに関わる器具・備品・消耗品費

420万円以下の利益までは海外FXの方がお得?

「累進課税」の計算は非常に複雑である為、所得税と住民税の計算をすると420万円ほどの利益までは、海外FXの方がお得になります。

所得税の表であったように、330〜695万円までの所得に関しては税率20%となっています。

しかし「総合課税」の場合、住民税が一律10%かかる為、国内FXより割高になってしまいます。(国内FXは所得税+住民税合わせて一律20%)

ただし、330〜695万円の所得の場合、控除額が427,500円が適用される為、実際の所得税額から控除額が引かれるということになります。

そうすると、海外FXでは420万円までの利益だと国内FXよりはお得になると思われます。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告に必要な書類

FXの確定申告における必要な書類と物を以下にあげます。

・源泉徴収票
・確定申告書
・印鑑
・年次報告書などの、年間の取引損益がわかる書類
・経費の領収書

確定申告を楽に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。現在の税制では、FXで青色申告することは難しく、白色申告すると良いでしょう。

書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、やよいの白色申告オンラインの活用です。

確定申告ソフトのは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました