【政策金利】金融政策(利下げ.利上げ)がFXに及ぼす影響は!?

FX初心者に向けて

FXをしていて、「利下げ」「利上げ」という言葉を良く聞くのではないでしょうか?

初心者の方だと、「利下げと利上げでレートがどうなっていくのか?」と良くわからない方も多いと思います。為替というのは、金利の違いで大きくレートが異なってきます。その為、各国は金融政策によって、金利をコントロールし経済を調整しています。

そこで今回は、知っているようでイマイチ知らなかった、金融政策(利下げ、利上げ)について、解説していきたいと思います。

金融政策(利下げ、利上げ)がFXに及ぼす影響は!?

利上げや利下げといった金融政策をしているのは中央銀行です。

中央銀行というのは、日本で日本銀行(日銀)です。他の国で言うと、アメリカは連邦準備制度理事会(FRB)、ヨーロッパだと欧州中央銀行(ECB)、イギリスだとイングランド銀行(BOE)などと呼ばれています。この中央銀行が、利上げと利下げを決定しています。それでは、なぜ利上げと利下げをするのか解説します。

利下げと利上げ

利下げ

まずは利下げから解説します。

金利が下がると(利下げ)、金融機関は低い金利で資金を調達できるので、企業や個人への貸し出しも金利を引き下げることができます。
そうすると個人や企業は、資金を調達しやすくなります。

こうして利下げによって、活発な消費行動を呼び起こすことで経済がより活発になり、景気を向上させることができます。
また、利下げに伴って物価に押し上げ圧力が働きます。

このように景気を上向かせる政策のことを、金融緩和政策と呼びます。

利上げ

次は利下げとは、反対の利上げについて解説します。

金利が上昇すると、金融機関は高い金利で資金調達しなけらばならず、企業や個人に対する貸し出しにも、金利を引き上げるようになります。

一方、金利が上昇すると、金融機関は、以前より高い金利で資金調達しなければならず、企業や個人への貸出においても、金利を引き上げるようになります。
そうすると企業や個人は、資金を借り難くなります。

こうして利上げによって、経済活動が抑制され、過熱していた景気が抑えられます。また、利上げに伴って、物価に押し下げ圧力が働くことになります。

このように景気の過熱を抑えるための金融政策のことを、金融引き締め政策と呼ばれます。

金利と為替(FX)

それでは、金利と為替について解説していきます。なぜ金融政策での利上げ、利下げで為替レートが動くのでしょうか?

それは、金利の高い通貨を資産として保有したいという、投資家の心理が表れるからです。

例えば、日本円は金利が低く、米ドルの金利が高いという場合で考えてみると、投資家はより高い金利を求めて、資産の比率を増やそうとします。そうすると、為替は「円安ドル高」となるわけです。

このように一般的に、各国の政策金利と為替レートには相関性があり、政策金利の変動は為替レートに影響を及ぼしています。こうして、各国の中央銀行は金利を誘導しながら景気を安定させようとしているのです。

その為FXでは、中央銀行の政策金利がとても注目されています。

金融政策で為替レートが大きく動く?

政策金利や量的緩和などの金融政策発表時には投資家や市場関係者の注目が集まるので、為替レートが大きく動くことが多いです。特に事前予想と実際の発表された結果が異なった場合には、大きく為替レートが動く要因となります。

コロナショックで緊急利下げによるドル安

最近の政策金利の変動による為替レートの代表例について解説します。

2020年新型コロナウイルスによる景気後退(リセッション)の懸念から連邦準備制度理事会(FRB)が緊急利下げを行ったことにより、ドル安円高が進行しました。

FRBが3月3日、緊急利下げ(0.5%)を決めたことで米国の金利が下がり、米国の債券を運用していた投資家などの間でドルを売る動きが出ました。そのことでドル円は、利下げ発表の翌週には2019年の安値104円を割るほどのきっかけを作ってしまいました。

 

金融政策の手法

金融政策には金利政策以外にも手法があります。

代表的な手法は以下の4つになります。

金融政策の手法
・金利政策
・量的緩和政策
・公開市場操作
・預金準備率操作
こちらの4つの手法について、解説していきたいと思います。

金利政策

金利政策というのが、先ほど述べた中央銀行が決定する「政策金利」のことです。「利上げ」「利下げ」によって、景気をコントロールしています。

そして、日本で現在行われている金利政策は、そう「マイナス金利政策」です。

2016年1月29日に、日本銀行は日本で初めてとなる「マイナス金利政策」の採用を発表しました。

日銀が民間の銀行から預かる預金金利をマイナス0.1%にすることです。金利がマイナスになることで、預金者が金利を支払うことになります。そうすることで、企業や個人の借り入れや投資などが増える効果を見込んでいます。

つまり、過度な利下げを行い、経済を活発化させ、景気を向上させる狙いがあります。

ヨーロッパもマイナス金利を導入しており、各国はここ数年で金利を引き下げる金融緩和政策が活発になってきています。しかし裏を返せば、「景気が後退する懸念が大きい」ということなので、世界経済が後退する危険が高まっていると言えます。

量的金融緩和政策

量的金融緩和政策(QE)とは、金利の引き下げではなく、民間の銀行が保有する中央銀行の当座預金残高量を拡大させることによって金融緩和を行います。

つまり、民間の銀行が持つ国債を日銀が買い取って、お金を供給することで、マネーストック(金融部門から経済全体に供給されている通貨の総量)を増やそうという政策のことです。

日本においては、これ以上金利を引き下げることができないので、この量的金融緩和政策を行うことで、「世に出回るお金の量を増やしたい」ということです。

中央銀行が市中銀行から国債を買い取る

公開市場操作

公開市場操作(オペレーション)には、日本銀行による資金の貸付や国債の買入れなど、金融市場に資金を供給するオペレーションがあります。

また、日銀が振り出す手形の売り出しや日銀が保有している国債の買戻条件付売却など、金融市場から資金を吸収するオペレーションがあります。

市中に流通する通貨量(マネーストック)を調節することになります。 日本銀行が公開市場操作に伴って取引することを「買いオペレーション(買いオペ)」「売りオペレーション(売りオペ)」と呼んでいます。

日銀による為替介入

通貨当局が為替相場に影響を与えるために、自ら自国通貨と特定通貨(通常は米ドル)の売買を外国為替市場で行うことを為替介入、正式には外国為替平衡操作と呼びます。

為替介入の目的は、為替相場の急激な変動を抑え、その安定化を図ることです。

最近の日本では、2011年の東北大震災の時に急激な円高となった為、ドル買い円売り介入を行いました。過度な為替の変動に対応する為とし、G7で協調的な介入を行いました。

リスクオフなどで円は買われやすい傾向にある為、有事の際は円高に対して円売りで介入することがあります。

預金準備率操作

預金準備率操作とは、預金準備率を引き上げたり、引き下げたりすることによって、金融機関の資金量を調整し支払準備を増減させる政策のことです。

つまり日銀が民間の銀行から預かっている預金準備金の割合を変更することです。

中国のように、預金準備率を引き下げていくことで、「世の中に出回るお金を増やす」とうことになります。これも金融緩和政策になります。

LIGHT FX(トレイダーズ証券)

こちらはトレイダーズ証券のLIGHT FXです。

多くの通貨ペアのスワップが業界最高水準です。

特に下の3つの通貨ペアですね。

\                                /
口座を解説するならこちらをクリック

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました