コロナウィルスでリスクオフの株、ドル円急落。高金利通貨の行方は

トレード日記

2020年1月23日チャート

ドル円日足

ドル円日足です。

ここ3日程は下げていますが、日足で見るといい感じの押し目ですよね。

まだ20MAにも到達していないので、ここらへんでもみ合うことが予想できますが。

トルコリラ円日足

トルコリラ円日足です。

こちらもドル円の下落によって、一緒に下げていますが、一番はドルトルコリラの上昇によるトルコリラ安が一番の要因です。

トルコ中銀の為替介入もあったとされていますが、もっと気合い入れてやってほしいところです。笑

メキシコペソ円日足

メキシコペソ円日足です。

こちらもチャートのみ見ると、押し目としてまだ物足りないくらいの上昇相場となっています。

メキシコペソ自体は強いのでドル円が上昇すれば、6.0まではいくのではないかなと思っています。

過去の記事にも書いています。
USMCA承認でメキシコペソはさらに上昇?下げる可能性もある

南アフリカランド円日足

ランド円日足です。

こちらはちょっとよく分からないです。笑

かなり狭い幅のレンジですね。

まあこれも以前の記事で書いてます。
米イラン緊張状態でも上昇トレンド継続?南アフリカランド円

ファンダメンタルズ

コロナウイルス

中国武漢市における新型コロナウイルスによる感染が広がっています。

コロナウイルスは現在、日本で1名の感染者が報告されていますね。そしてアメリカでも感染者が報告され、中国以外の5カ国まで広がっています。

WHOは24日以降に今後緊急事態と宣言するか否かを発表するようです。

SARSやMERSのように致死率が高くないとされていることと、パンデミック(世界的大流行)が起きる可能性は低いと、今の所は言われているようです。

SARSが流行したのは学生の頃ですが、致死率9.6%もあったんですね。MERSに至っては感染率は低いものの、致死率34.4%と恐ろしい感染症だったんですね。

今回のコロナウィルスはこれらのウィルスに比べると、感染力・毒性は弱いと見られているものの、情報は乏しいし、これからウィルスが変異して、感染力・毒性が強まる可能性もあるとのこと。

為替や株関係なく、注意したいところです。

1/25は春節となり、中国人30億人が大移動を開始します。

日本の水際対策をしっかりしてほしいです。

コロナウイルスとドル円

さて為替との関連ですが、過去のSARSが流行した際は正式に封じ込められる前に中国、香港、米国市場は下げを戻したとのことです。

WHOが終息を宣言するころには、下げの全てを戻したそうです。

今回、コロナウィルスは感染から発症まで2週間の潜伏期間があります。しかし、今回のウィルスは今の所感染力・毒性は低いと見られているので、大混乱までは招かないのではと言われています。

またWHOの緊急事態を宣言するか否かでも変わると思います。

おそらく、リスクオフは限定的になると見られ、来週以降はドル円や株も持ち直すのではないかと考えています。

しかし、、、

万が一コロナウィルスの脅威が増していくことがあるとするならば、リスクオフのムードは強まり、どこまで下げるかわかりません。

ダウ平均やS&P500などの米国指数の異常な上昇相場も、もしかしたらこういう形で調整を見せるのかもしれませんし、先のことはまだまだ不透明な状態ですよね。

明日からのコロナウィルス関連のニュースも注目です。

おすすめFX会社

ヒロセ通商(LION FX)

ヒロセ通商(LION FX)は安定したスワップポイントを提供してくれています。

今なら最大キャッシュバック50,000円です!

特にトルコリラ円と南アフリカランド円のスワップなら最高水準!

ヒロセ通商・口座開設はこちら

LIGHT FX

こちらはトレイダーズ証券のLIGHT FXです。

多くの通貨ペアのスワップが業界最高水準です。

特に下の3つの通貨ペアですね。

口座を解説するならこちらをクリック
 

GMOクリック証券

こちらも証券会社では有名なGMOクリック証券です。

特にトルコリラ円のスワップ運用にオススメです。

≪GMOクリック証券≫【FXネオ】人気のiPhoneアプリ!豊富なマーケット情報、最短タップで注文可能! 


セントラル短資FX

こちらのセントラル短資FXはメキシコペソ円のスワップ運用にオススメです。

また、トルコリラ円のサヤ取りとして使う場合にもオススメです!

【セントラル短資FX】
 

XM TRADING

こちらは海外業者になります。

特徴は商品の豊富さとレバレッジが最大888倍です。

スワップには向いてないかもしれませんが、金、プラチナ、パラジウムなどの商品のCFD取引も可能です。

ホームページ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました