【2020最新】オフショア中国人民元円についての見通し

人民元

まず中国人民元は、「オフショア」「オンショア」の2種類あることを、ご存知でしょうか?

人民元は元々2009年まで中国本土内(オンショア)でのみ決済が行われていました。

しかしその後、中国本土外(オフショア)での人民元決済が段階的に認められ、中国本土外、主に香港を取引されるように緩和されました。現在ではオフショア人民元市場が発展してきたため、オンショア人民元市場、オフショア人民元市場が共存しています。

そこで、今回はオフショア人民元への投資と、コロナウイルスや米中貿易戦争の影響を受けている中国経済について解説していきたいと思います。

中国人民元

オンショア人民元とオフショア人民元

取引されている人民元は一緒なのですが、オフショア市場に参加している金融機関はオンショア市場に参加することができません。逆にオンショア市場に参加している金融機関はオフショア市場に参加することはできません。

そのためオンショア市場とオフショア市場では、それぞれ独立し、略称も異なっています。

・CNY取引(オンショア)
・CNH取引(オフショア)
そして、両人民元市場のレートは基本的に異なっています。以前は両人民元市場のレートは大きく乖離したこともありましたが、現在はその差がほとんどなくなってきています。

現在オフショア市場は急速に拡大し、市場規模を拡大しています。FXでの市場は、自由に取引ができるこのオフショア市場(CNH)が対象となります。

米中関係

米中貿易摩擦の影響で中国人民元は安値圏を推移しているます。

米中通商協議についての記事はこちら➡︎米中貿易摩擦が及ぼす影響。トルコリラ、ペソ、南アランドはどうなる

まず、18年中頃から人民元安が進行しました。貿易戦争が本格化し、中国景気への懸念に伴い人民元安が進行しました。

2019年人民元は1ドル=7元を割り込み、2008年以来の安値を付けました。貿争戦争は世界的に企業心理を低下させています。

中国経済自体、減速しており、人民元安を誘導する根拠は強まっていると言われています。

しかし、中国は貿易収支を均衡させることを長期的な目標としており、輸出主導型経済から内需主導型経済へ移行するといった方針があるので、いずれは人民元は切り上げられるのでは?と思います。

中国国内の問題点

中国国内の問題点をあげるとキリがありません。

中国では今も共産党による一党独裁体制が続いています。そうした中で、先進国と比べれば表現の自由が制限されていて、知る権利が阻害されているのは事実です。マスコミは、共産党による強い監督管理下にあります。記事の事前閲覧が徹底されており、体制に批判的な内容は一切掲載できないよう監視され、検閲されています。

経済成長が鈍化しているが、

現在の中国が抱える問題をあげていったらキリがないのですが、中国は数え切れないほどの問題を抱えながららも、すでに20年以上経済成長を続けています。

中国は従来の大量投資・輸出主導の輸出主導型経済モデルから脱却し、「質の高い」内需主導型経済という新しいモデルをうち出そうとしています。2017年秋に開催された共産党大会では、包括的な成長と質の高い発展の実現を目標とする方針が示されました。

これからも緩やかに経済成長していくことが予想できます。

しかし、エミンさんのように中国経済は崩壊すると行っているアナリストも多数いますが、、、

人民元円(CNHJPY)

人民元円の暴落

中国人民元円は現在15円中盤と安値圏を推移しています。これは新型コロナウイルスのリスクオフによる円買いの影響も大きく受けているため、人民元円安と円高が強くチャートに現れています。

本日2/3は春節後初の市場となるため、暴落が予想されています。

そのため、中国の中央銀国である中国人民銀行は3日、金融市場に1兆2,000億人民元、日本円で18兆円余りを投入すると発表しました。

緩やかな暴落になるかもしれませんが、中国に連動したオセアニア通貨なども一緒に急落することも予想されていて、コロナウイルス関連で好材料のニュースが増えない限りはリスクオフのムードは継続すると予想できます。

新型肺炎コロナウイルスについて

中国の国家衛生当局は新型コロナウイルスについて、2月1日に新たに45人の死亡が確認され、中国での死者は304人と発表しました。中国本土で確認された感染者数は1万4380人となっています。

また、中国国外でも初の死亡者が確認されました。武漢からフィリピンを訪れていた男性が新型コロナウイルスによる肺炎で死亡したと報道されました。

今の所致死率はインフルエンザよりは高いが、感染力は弱いとされています。しかし、ここ1週間で感染者数が激増しており、中国の春節で世界中に拡散されていると推察すると、これからまだまだ感染者数の拡大が懸念されいています。

実際、潜伏期間などもいれるとあと1週間後にはかなり増えることが予想できますよね。

市場はこれからしばらくはまだリスクオフムードが続くと思われます。

人民元円で投資するなら

みんなのFXもスワップは高いですが、さらに上をいく驚異のスワップポイントの高さを誇るのが、「LIGHT FX」です。

会社名/通貨名南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円中国人民元円
LIGHT FX151円/日40円/日100円/日200円/日
みんなのFX120円/日40円/日100円/日100円/日

※2020年2月1日調べ
※南アフリカランド円、メキシコペソ円、中国人民元円は10万通貨



コメント

タイトルとURLをコピーしました