2月10日週のランド円 ラマポーザ大統領演説(SONA)

南アフリカランド

2020.2/14南アフリカランド円

日足

日足です。

こちらは上昇トレンドから下降トレンドに転換したように見えますが、直近では三角保ちあいの形になっています。

しかし、上髭の方が長く下げたそうなように見えるので、ランド円はまだまだ下がるのではないかと考えています。

4時間足、1時間足

4時間足と1時間足のチャートになります。

4時間足は日足と同様に三角保ちあいになっています。上下の幅もかなり狭くなっています。来週明けの薄商いの相場を狙ってくることも考えられるようなチャートになっているの、警戒が必要だと思います。トルコリラ円も同様に下げてきそう雰囲気を出している為、フラッシュクラッシュのような下落が起きるかもしれません。

1時間足は直近でボックスレンジとなっています。こちらもどちらかのサポレジを抜けると大きく動きそうな雰囲気が出ていますね。もし大きく下落して、7円を割ってくるようなら再度買いで入りたいと思います。

ファンダメンタルズ

ラマポーザ大統領演説

南アフリカのラマポーザ大統領は13日、議会で行った今年の年次演説で、財政の再建と電力危機に対処するために再生可能エネルギーを今後3〜12ヶ月以内に確保するプロジェクトを開始すると述べました。また、「ステージ6」の停電のリスクを緩和させる新しい発電能力の生産プロセスについて、今後数年間で見ていると述べました。

経済成長が停滞し、失業者が増加して国民の暮らしが悪化していることを認め、「この国の債務は持続不可能なレベルに向かっている」と財政再建の重要性を訴えました。

とりあえず、今までの問題点について述べたようですが、具体的な案は少なかったようです。(特に投資家が納得するような案は…)

第4四半期失業率

11日に南アフリカ第4四半期(10-12月期)の失業率が発表されました。前回と同じ29.1%となり、市場の予想通りとなりました。前回と同じ予想通りということもあり、ランド円はほぼ反応を見せませんでした。

しかし失業率は今年の1-3月期は落ち込むのではと予想されています。

南アフリカ航空はすでに人員削減を発表していますし、中国との関係が強いとのことで中国関連の失業者は増えると予測されています。

また南アフリカは若者の失業率が特に高いことが問題となっており、15〜24歳の失業率は55%以上となっています。政府は今後5年間に5つ若年者雇用プログラムを実施し始めていると述べたようです。

2020年の失業率はまだ上がっていくのでしょうか。気になるところです。

エスコムによる停電

国営電力会社エスコムによる計画停電は毎日のように行われています。

そしてすでに現在行われている電力の負荷制限を、メンテナンスのために18カ月継続すると発表しています。電力危機に対する新たな再生可能エネルギーの確保を急がないと経済はどんどん悪化してしまいそうです。

南アフリカは民間に電力開発を開放できるように規制を緩和に動くのかも注目されます。

おすすめFX会社

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは業界最高水準のスワップを誇ります。

現在スプレッドを縮小するキャンペーンを行っていますので、まだ開設していないかたはお早めに。

FXプライムbyGMOを解説するならこちらから 

トルコリラ

JFX株式会社 JFX「マトリックストレーダー」

小林社長で有名なJFX「マトリックストレーダー」です。

こちらはスキャルピングを公認されているので、スキャルパーにはオススメです。

また高金利通貨の中では南アフリカランド円が最高水準なのでオススメです。

JFX株式会社 

マトリックスレーダー

ヒロセ通商(LION FX)

ヒロセ通商(LION FX)は安定したスワップポイントを提供してくれています。

今なら最大キャッシュバック50,000円です!

特にトルコリラ円と南アフリカランド円のスワップなら最高水準!

ヒロセ通商・口座開設はこちら

トレイダーズ証券(LIGHT FX)

こちらはトレイダーズ証券のLIGHT FXです。

多くの通貨ペアのスワップが業界最高水準です。

特に下の3つの通貨ペアですね。

口座を解説するならこちらをクリック
 

セントラル短資FX

こちらのセントラル短資FXはメキシコペソ円のスワップ運用にオススメです。

また、トルコリラ円のサヤ取りとして使う場合にもオススメです!

【セントラル短資FX】
 

XM TRADING

こちらは海外業者になります。

特徴は商品の豊富さとレバレッジが最大888倍です。

スワップには向いてないかもしれませんが、金、プラチナ、パラジウムなどの商品のCFD取引も可能です。

ホームページ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました