中銀による利下げは織り込み済み。メキシコペソ円ブレイクアウト寸前

メキシコペソ

2020.2/14メキシコペソ円

日足

日足です。

上昇トレンドを継続しており、もし5.9円のレジスタンスラインをブレイクアウトすると、6.0円まで一気に上昇して、さらに6.0円すらもあっさり超えてしまいそうな感じがします。この高値圏でなかなか買うことはできない為、まだまだ静観するしかない状況です。

1時間足

1時間足も同様ですね。ブレイクアウトするか反発するか待つしかなさそうです。

ファンダメンタルズ

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大は勢いが弱まりつつあるとの見方が強いようで、リスクオンムードになっています。すでに5.90円を付近をウロウロしており、いつレジスタンスラインを突破するのか?といった状態になっているように見えます。

しかし中国本土での新型コロナウイルスの感染者数は6万3000人を超え、死者数は1300人を超えたとの発表がありました。

また、新型コロナウイルスによる肺炎は日本での感染拡大を続けており、さらに日本人が初めて亡くるといったニュースも入っています。つまり、感染拡大の脅威は完全に拭い去れていない状態です。特に日本は隣国である為、今後の経済や為替にも影響を及ぼす可能性は高いと言えます。

利下げとインフレ

2月13日(日本時間2/14AM4:00)にメキシコ中央銀行のアレハンドロ・ディアス・デ・レオン総裁は、政策金利を7.25%から7.00%へ金利引き下げると発表しました。

同時に発表された声明文は引き続きハト派的な内容になるとの見方が多く、今回の利下げの背景としてもインフレの安定と経済のスラックの増大などをあげており、ハト派の内容となりました。

しかし1月のインフレ率は中銀がターゲットにしていた3%を上回っていました。特にコアインフレが高くなっているようですが、これはたばこや嗜好飲料に対する税金が高い為のようです。またこれに対して、一時的に利下げをやめる可能性もあると示唆したようです。

もっとも、今回の利下げについてマーケットは完全に織り込み済みであった為、メキシコペソ円はほぼ反応を見せませんでした。

今後も押し目買いを待つ展開が続くでしょう。

オススメFX会社

トレイダーズ証券(LIGHT FX)

こちらはトレイダーズ証券のLIGHT FXです。

多くの通貨ペアのスワップが業界最高水準です。

特に下の3つの通貨ペアですね。

口座を解説するならこちらをクリック
 

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは業界最高水準のスワップを誇ります。

現在スプレッドを縮小するキャンペーンを行っていますので、まだ開設していないかたはお早めに。

FXプライムbyGMOを解説するならこちらから 

トルコリラ

JFX株式会社 JFX「マトリックストレーダー」

小林社長で有名なJFX「マトリックストレーダー」です。

こちらはスキャルピングを公認されているので、スキャルパーにはオススメです。

また高金利通貨の中では南アフリカランド円が最高水準なのでオススメです。

JFX株式会社 

マトリックスレーダー

ヒロセ通商(LION FX)

ヒロセ通商(LION FX)は安定したスワップポイントを提供してくれています。

今なら最大キャッシュバック50,000円です!

特にトルコリラ円と南アフリカランド円のスワップなら最高水準!

ヒロセ通商・口座開設はこちら

 

セントラル短資FX

こちらのセントラル短資FXはメキシコペソ円のスワップ運用にオススメです。

また、トルコリラ円のサヤ取りとして使う場合にもオススメです!

【セントラル短資FX】
 

XM TRADING

こちらは海外業者になります。

特徴は商品の豊富さとレバレッジが最大888倍です。

スワップには向いてないかもしれませんが、金、プラチナ、パラジウムなどの商品のCFD取引も可能です。

ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました